スポンサーサイト

  • 2015.09.25 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

セマンティック・ウェブ(Semantic Web)のとっかかり書籍2冊

  • 2010.06.29 Tuesday
  • 14:41
JUGEMテーマ:インターネット

8年くらい前に、Web専門誌の編集者と話してた時に「僕は、セマンティック・ウェブに興味があるんですよね。これから絶対にきますよ。」と言われた。その時は僕は「まあでも、Webサイトを作る際に、セマンティック・ウェブのために労力を払うことは難しいですね。Webはあくまで、人が見るためのものですから。」みたいな答えをした記憶がある。

その後、SEO/SEM が重要技術として扱われたり、ECサイトやソーシャルメディアが積極的にAPIを公開したり。Webは直接的に「人が見るためのもの」だけでなく、アプリケーションが間接的に「見て」「計算して」、それを「人が見るためのもの」に変換するような世界観が広まりつつある。 というか、Webサイトに対して、ファーストコンタクトをとるのは、「人」でなく、「アプリケーション」が中心になってきている。 Webサイトは、アプリケーションに対して、いかに効率よく、意味のある情報を提供できるか。がすごく重要だ。

Web制作者は、セマンティック・ウェブについて、きちんと勉強しなきゃならい。
人目に触れさせたいなら、まずアプリケーションにWebサイトの情報を適切に伝えなきゃ。



▼セマンティックWeb プログラミング


プログラマなら、この本から入るのがいいと思います。プログラマじゃくても、無理してでも、この本から入るのがいいと思います。300ページ弱のボリュームだから、流し読みする分には、1日でサクっと読めるんじゃないでしょうか。

簡単なPythonスクリプトで、RDFモデルを説明していたり。実際にあるオープンソースプロジェクト、ソフトウェアについての言及も多いので、リアルにわかりやすいです。また製品、人物、組織などのRDFモデル例が豊富です。そのため、自然にセマンティック・ウェブを理解することができます。

今スグ、実効性が見込める「Yahoo! SearchMonkey(Yahoo!検索プラグイン)」や「Google Rich Snippets(リッチ スニペット)」に、自身のWebサイトを対応させることを目標にすれば、モチベーションを保って学習を進められそう。

オビに書いてある「人々がその動機を問うのを止め、やり方を尋ね始めたら、それがセマンティックWebの成功の証だ。」(ティム・バーナーズ=リー)という言葉が、胸に響きます。

読んでいる最中、これまでぼんやり感じていたことが、頭の中でどんどん整理されていく感覚を得ました。Key-Valueストアやタグが流行っている必然性。企業が公開すべき「コンテキスト」と、守秘すべき「コア」についての考え方。「紙」など物理的メディアが持つ情報保存や永続性と、Webが持つそれらとの違い。などなど。インスピレーションが湧いてきます。

次世代のWebサイトを考える上で、必読の書といっても過言ではないでしょう。

▼Contents

目次

監訳者まえがき
序文
はじめに

第1部 セマンティックデータ
1章 セマンティクスとは何か?
1.1 Webをまたいだデータ統合
1.2 伝統的なデータモデリング手法
1.2.1 テーブル形式のデータ
1.2.2 リレーショナルデータ
1.2.3 スキーマの進化とリファクタリング
1.2.4 非常に複雑なスキーマ
1.2.5 最初が肝心
1.3 セマンティックな関係表現
1.4 メタデータはデータである
1.5 不測の事態に備えた構成
1.6 「永遠のベータ」

2章 意味の表現
2.1 例:映画に関するデータ
2.2 シンプルなトリプルストアの構築
2.2.1 インデックス
2.2.2 addおよびremoveメソッド
2.2.3 クエリの実行
2.3 グラフのマージ
2.4 映画データの追加とクエリ
2.5 その他の例
2.5.1 地域
2.5.2 セレブリティ
2.5.3 ビジネス

3章 セマンティックデータの利用
3.1 シンプルなクエリ言語
3.1.1 変数のバインディング
3.1.2 クエリ言語の実装
3.2 フィードフォワード推論
3.2.1 新しいトリプルの推論
3.2.2 ジオコーディング
3.2.3 ルールのチェーン
3.2.4 「人工知能」についてひと言
3.3 結びつきの検索
3.3.1 Kevin Baconの6段階
3.4 共有キーと重なりのあるグラフ
3.4.1 例:企業と地域のグラフの結合
3.4.2 結合されたグラフへのクエリ
3.5 基本的なグラフの可視化
3.5.1 Graphviz
3.5.2 トリプルの集合の表示
3.5.3 クエリの結果の表示
3.6 セマンティックデータの柔軟性

第2部 標準とソース
4章 必要最小限のRDF
4.1 RDFとは何か?
4.2 RDFのデータモデル
4.2.1 強力なキーとしてのURI
4.2.2 リソース
4.2.3 空白ノード
4.2.4 リテラル値
4.3 RDFシリアライゼーションフォーマット
4.3.1 友人のグラフ
4.3.2 N-Triples
4.3.3 N3
4.3.4 RDF/XML
4.3.5 RDFa
4.4 RDFLibの紹介
4.4.1 RDFLibを使った永続的保存
4.5 SPARQL
4.5.1 SELECT形式のクエリ
4.5.2 OPTIONALおよびFILTER制約
4.5.3 複数のグラフパターン
4.5.4 CONSTRUCTクエリ形式
4.5.5 ASKおよびDESCRIBEクエリ形式
4.5.6 RDFLibにおけるSPARQLクエリ
4.5.7 便利なクエリ修飾子

5章 セマンティックデータのソース
5.1 Friend of a Friend(FOAF)
5.1.1 ソーシャルネットワークのグラフ解析
5.2 リンクトデータ
5.2.1 データのクラウド
5.2.2 その人は、その人のFOAFファイルか?
5.2.3 リンクトデータの利用
5.3 Freebase
5.3.1 識別子データベース
5.3.2 RDFインターフェース
5.3.3 Freebaseのスキーマ
5.3.4 MQLインターフェース
5.3.5 metaweb.pyライブラリの利用
5.3.5 人とのインタラクション

6章 「オントロジー」って何ですか?
6.1 その利点は何ですか?
6.1.1 意味の契約
6.1.2 モデルはデータである
6.2 データモデリングへの招待
6.2.1 クラスと属性
6.2.2 フィルムのモデル化
6.2.3 関係の具体化
6.3 最小限のOWL
6.4 Protégéの利用
6.4.1 新しいオントロジーの作成
6.4.2 オントロジーの編集
6.5 OWLをもう少し
6.5.1 関数属性と逆関数属性
6.5.2 逆関係属性
6.5.3 排他的クラス
6.5.4 リアルに保つ
6.6 他のオントロジー
6.6.1 FOAFの記述
6.6.2 ビールのオントロジー
6.7 こんなのはきれいなリレーショナルスキーマじゃない!

7章 セマンティックデータの公開
7.1 セマンティクスの埋め込み
7.1.1 microformat
7.1.2 RDFa
7.1.3 Yahoo! SearchMonkey
7.1.4 GoogleのRich Snippets
7.2 レガシーデータの扱い
7.2.1 Internet Video Archive
7.2.2 テーブルとスプレッドシート
7.2.3 レガシーなリレーショナルデータ
7.3 RDFLibからリンクトデータへ

第3部 実践
8章 ツールキット群の概要
8.1 Sesame
8.1.1 Sesame Java APIの利用
8.1.2 SesameにおけるRDFS推論
8.1.3 Sesameサーバーのサーブレットコンテナ
8.1.4 Sesame Webアプリケーションのインストール
8.1.5 ワークベンチ
8.1.6 データの追加
8.1.7 SPARQLクエリ
8.1.8 REST API
8.2 他のRDFストア
8.3 SIMILE/Exhibit
8.3.1 簡単なExhibitのページ
8.3.2 検索、フィルタリング、パターンビュー
8.3.3 Sesameとのリンク
8.3.4 タイムライン

9章 データによるオブジェクトのイントロスペクション
9.1 RDFObjectのサンプル
9.2 RDFObjectフレームワーク
9.3 RDFObjectの動作

10章 まとめ上げる
10.1 求人情報アプリケーション
10.1.1 アプリケーションの要件
10.2 求人情報のデータ
10.2.1 RDFへの変換
10.2.2 Sesameへのデータのロード
10.3 Webサイトの動作
10.3.1 CherryPy
10.3.2 Makoページテンプレート
10.4 汎用ビューアー
10.4.1 Sesameからのデータの取得
10.4.2 汎用テンプレート
10.5 企業データの取得
10.5.1 Crunchbase
10.5.2 Yahoo! Finance
10.5.3 Freebaseの接続との調整
10.6 専用ビュー
10.7 外部への公開
10.7.1 RDFa
10.7.2 RDF/XML
10.8 データの拡張
10.8.1 位置情報
10.8.2 地理学、経済、人口統計学
10.9 洗練されたクエリ
10.10 求人情報の視覚化
10.11 さらなる拡張

第4部 エピローグ
11章 地球を覆うグローバルグラフ
11.1 ビジョン、誇大広告、現実
11.2 グローバルグラフのコミュニティへの参加
11.2.1 コモンズへのデータの解放
11.2.2 ライセンスに関する考察
11.2.3 データのサイクル
11.3 連続的な変化を支える

索引



▼実践セマンティックWeb―RDF/RDFS/OWLによるオントロジー設計ガイド


セマンティック・ウェブの歴史、考え方、概要を把握するのに便利です。企業担当者などが、社内で説明資料を作る際などに使えそうです。また、RDFやOWLの説明が詳しいので、「セマンティックWeb プログラミング」を卒業したプログラマが、リファレンスとして活用するにもよさそうです。
ただ、慶応大学SFCの「セマンティックWeb委員会」が翻訳・監修しているため、翻訳がちょっと固かったり、説明が学者的な感じは否めません。

▼Contents

セマンティックWebとは何か
セマンティック・モデル構築
RDF‐セマンティックWebの基盤
セマンティックWebアプリケーションのアーキテクチャ
RDFと推論
RDFスキーマ
RDF‐Plus
RDF‐Plusの利用例
OWLの基本
OWLにおける集合と個数制約
OWLの利用例
モデル構築の良い例、悪い例
OWLのレベルと論理
まとめ
付録
特別増補


スポンサーサイト

  • 2015.09.25 Friday
  • 14:41
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
コメント
コメントする

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

本が出てます☆

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Mac OS X Lion で、emacs を楽に使うために、Meta キーを「option」に設定したい。
    通りすがり (01/19)
  • 携帯キャリアの、アクセス制限(未成年保護)についてのまとめ
    たけのこの里 (10/01)
  • Mac OS X Lion で、emacs を楽に使うために、Meta キーを「option」に設定したい。
    イシカワ (07/16)
  • さくらインターネットで、gem install すると「chown/chgrp: Operation not permitted 」と叱られる件の対応
    sean (04/20)
  • さくらインターネットで、gem install すると「chown/chgrp: Operation not permitted 」と叱られる件の対応
    てっちー (03/24)
  • Mac OS X Lion で、emacs を楽に使うために、Meta キーを「option」に設定したい。
    JO (01/04)
  • Passbook(パスブック)on iOS6 (NDAに触れない範囲で...)
    ぱん (09/28)
  • Passbook(パスブック)on iOS6 (NDAに触れない範囲で...)
    宮腰睦美 (09/23)
  • magit を、Lion の emacs にインストール
    ぱん (05/08)
  • 【 Xcode4.2 】Interface Builder使わずに、座標を合わせたい(習作1)
    ぱん (12/21)

recommend

iOSプログラミング 第2版
iOSプログラミング 第2版 (JUGEMレビュー »)
アーロン・ヒレガス,ジョー・コンウェイ,Aaron Hillegass,Joe Conway
■独学で初心者を脱出するには、必読ではないでしょうか。翻訳でニュアンスが伝わらない部分があるので、原書と、サポートサイト(英語)を活用すべし!です。

recommend

iPhoneプログラミングUIKit詳解リファレンス
iPhoneプログラミングUIKit詳解リファレンス (JUGEMレビュー »)
所 友太
■内容古いですが、iOSプログラマー中級以上の階段を登るために、必要な本だと思います。iOS5対応版出ないかな。。

recommend

iOSプログラミング入門 - Objective-C + Xcode 4で学ぶ、iOSアプリ開発の基礎
iOSプログラミング入門 - Objective-C + Xcode 4で学ぶ、iOSアプリ開発の基礎 (JUGEMレビュー »)
大津 真
■Ch.1「iOS プログラミングを始めるための基礎知識」でXcodeの概要を理解して、Ch.2「Objective-C の基礎知識」で、Objective-Cの考え方を理解できます。iOSプログラミングのキックオフにぴったり。

recommend

去年ルノアールで
去年ルノアールで (JUGEMレビュー »)
せきしろ
■ルノアールで妄想が爆発

recommend

RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第4版
RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第4版 (JUGEMレビュー »)
Sam Ruby,Dave Thomas,David Heinemeier Hansson
■Railsのバイブル第4版の日本語版が2011年末にリリース!サーバサイドで準備するAPIや、Webサイト関連のもろもろは、やっぱRailsでしょう。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM