スポンサーサイト

  • 2015.09.25 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

映画『かいじゅうたちのいるところ』

  • 2010.02.02 Tuesday
  • 07:44

http://wwws.warnerbros.co.jp/wherethewildthingsare/


監督はスパイク・ジョーンズ。『マルコビッチの穴』とかの監督。

映像の質感と「音楽」と物語の世界観が、マッチしていると思いました。

つまり、そのセンスが個人的に好きなのだと思います。


瞬間瞬間で、胸が締めつけられました。

船に自分の名前を彫るところ。

空想の物語を、負けないように語るところ。

ときおり、すごく暴力的になるところ。

ハートのモチーフに、気持ちを込めるところ。

そして通してみて。空想と現実の境目があいまいなところ。

かわいいところ。


2年前に一度完成していて。テスト試写で子供の反応がよくなかったという理由で、一部取り直し&再編集されたそう。はじめの、そのディレクターズカットのほうが、エンディングまわりとか、もっと思い入れのあるメッセージがあったんだろうな。と思ってちょっと残念。


トウキョウソナタ - TOKYO SONATA -

  • 2009.03.09 Monday
  • 22:30
---
メディアファクトリー
¥ 3,617
(2009-04-24)
JUGEMテーマ:映画


そもそも人は、きっと孤独だ。それを認識して、他者と接するか、認識せず接するか。認識していれば、相手の気持ちを理解したり、何かを共有したりできるんだろう。逆なら、自分の価値観で相手をねじ伏せようとしたり、心を支配しようとしたりしてしまうんだろう。じゃあ、孤独だと認識するにはどうしたらいいの?



『トウキョウソナタ -TOKYO SONATA- 」

これまで「CURE」や「カリスマ」「ドッペルゲンガー 」といった作品で、人間心理をディープに描いてきた黒沢清監督が、家族というありふれたテーマを真正面から扱った作品。外から持ち込まれた企画だからこそ実現した内容。黒沢監督にしか実現できなかっただろう完成度。



普通に生きてきた、お父さん(香川照之)。誰かと何かと、心と心のキャッチボールがしたくてもがき苦しむ小学生(井之脇海)。生きる意味を、斜に構えながらも模索している大学生(小柳友)。そして、家族の中で、孤独を理解している唯一の存在、お母さん(小泉今日子)。

お父さんがリストラに遭ってから、家族それぞれの問題が顕在化する。みんな、孤独だってことをうまく自分の中で消化できずに、内に外にぶつかり合う。

それぞれが自分(の孤独)と向き合えたとき、相手の気持ちを理解し、共有できるものが生まれる。

キャスト全員の演技が抜群に上手い。慣れないテーマが故か、他の黒沢監督の作品に比べ、前半の導入部がやや唐突だったり雑だったりするけれど、そんなの関係なく。心に何か語りかけられる映画。



何か「ショック」が与えられない限り、孤独の本質を考えようとしない。なんて嫌だけど、現実はそういうものかもしれない。

2009/3/9現在、まだ上映している映画館が全国にあるようです。DVDもいいけど、劇場でみた方が、内容に集中できて良いと思います。ぜひ。
上映館一覧

ショーン・ペン監督作『イントゥ・ザ・ワイルド(Into The Wild)』

  • 2008.10.30 Thursday
  • 23:50
JUGEMテーマ:映画



自分を信じて生きることと、自分だけを信じて生きることは違う。

「違う」けど、自分を信じて生きることを貫こうとすると、しばしば
自分だけを信じて生きようとしてしまう。

もしくは、自分だけを信じて生きてきたからこそ、
自分を信じて生きることができる。という場合もあるだろう。

イントゥ・ザ・ワイルドは、自分だけを信じて生きてこざるを
得なかった主人公が、周囲の人々も信じて生きていくための
修行をする旅を描く。

主人公は、アラスカを目指しアメリカ大陸を旅する。道中、
いろいろな出会いがあり。心の触れあいがあるんだけど、
でも結局最終的な彼の心の扉は開かれることがない。

彼の心の扉が、出会った相手よりもカタイから、
彼の心の扉が開く前に、相手の心の扉が全開に
なってしまい、結局彼の心は開かれるきっかけを失う。

彼は本能的に、心を開きたいと思っている。
そこが救いだ。と僕は思う。

彼の心を開けるのは、彼自身だ。
極限の状態で、彼は心を開く意味を知る。

極限の状態の先に、彼の未来はあったのに。
彼に関わってきた、家族や友達との未来もあったのに。


人里離れたアラスカの大自然に彼が向かったのは必然。
その後どうなったかというのは、あくまで結果論だ。

結果論に、意味はない。だからこそ、この映画は観るひとの心を打つ。


▼映画公式サイト
http://intothewild.jp/top.html


▼サントラ情報(エディ・ヴェダー)
http://blacksmoke.exblog.jp/6633927/

ぐるりのこと。

  • 2008.08.10 Sunday
  • 13:43
JUGEMテーマ:映画

ぐるりのこと。

焦って、時間ばかり使って。作業レベル(日々の些細なこと)の問題解決に集中して、我を忘れるから安心感を覚えたり。本質的なことから逃げてたり。 何か大切な日の前には、その日失敗しても取り繕えるように、失敗しても誤魔化せる理由を考えて置いたり。またまた本質的なことから逃げてたり。 他人に過剰な期待をしたり甘えることばかり考えていたり。またまたまた、本質的なことから逃げてたり。 そんな人生。どうしようもない。変えたい。変わりたい。。。。なんて無邪気に思っていたけど、変えなくても、変わらなくてもいんじゃね。と、妙に現状肯定された映画。

ぐるりのこと。
http://www.gururinokoto.jp/



結婚しても、日々の生活をこれまでどおり楽しんで。スキがあれば、だらだら女の人くどいて。そんな生活に安心してた主人公(リリーフランキー)。奥さんは、本来感性的な人なんだけど、結婚という制度の中で、「きちんと」生活しようと、無理しながら生きてて。で、子供を授かったんだけど、うまく産み出せなくて。 これまで別段、家庭内で解決しないと駄目な問題ってなかったのに、産み出せなかった問題が、二人の間で大きくなって。。。

リリーさんは、棒読み俳優(?)だけど。主人公のキャラも、言葉よりもイメージで相手に物事を伝えるタイプだから、ぴったりキャスティング合ってる。

奥さん役の木村多江さんも、この映画のストーリーを、「どこにでもあるありふれた話」にするために、すごく貢献していて。映画を観た人が、それぞれの物語に映画のメッセージを変換するのにすごく役立ってる気がする。

リリーさんの法廷画家についてのエピソードは、まあ映画観てよ。被告役は、結構豪華な顔ぶれになってて。それぞれみんな一発勝負!って感じで頑張ってます。




なんていうか。変えなくても、変わらなくてもいいんじゃないかと。

すぐに本質的なことから逃げそうになるのを、変えられないなら。せめて本質的なことをずっと見つめて生きていこうよ。と。一生、近くにいようよと。

駄目になる前に、駄目になった場合の言い訳考えちゃうなら。それもいいじゃない。言い訳があることで、安心して物事考えられる場合もあるし。保険は大事だし。 それに駄目になる言い訳をずーーっと考えてれば、駄目にならない方法も見つかるかもしれないし。

他人に過剰な期待をしたり、甘えたりするのもまあいいじゃん。なるべくストレートにそれを表現して、相手が楽にYes/No/etc...の反応しやすい環境も同時につくるようにすればいんじゃね。キャッチボールできるように頑張ればいんじゃね。

とにかく、肩の力を抜いて、生きていきましょう。と。

▼「ぐるりのこと。」上映スケジュール
・〜8/15(金) 恵比寿ガーデンシネマ 03-5420-6161
・8/16(土)〜 渋谷シネパレス 03-3461-3534
・ほか→ http://www.gururinokoto.jp/theaters/index.html

硫黄島からの手紙

  • 2007.03.02 Friday
  • 01:37
いよいよ明日までという劇場が多いみたい。硫黄島からの手紙。
父親たちの星条旗をみてない友達と一緒に行ったんだけど。評価が分かれた。
「やっぱ日本をださく描いてるよねー」って。
うん。そうなんだけどさ。でもイーストウッド監督は父親たちの星条旗で、アメリカをすげーださく描いているからさ。両方観ると、戦争とかそういう環境を生み出す空気みたいのが、万国共通でださーく見えるようになってると思うんだけど。そこが共有できなくてさ。
とりあえず、父親たちの星条旗のDVDでたらみといてと言っておいた。
日本人が撮ったら、右過ぎっぽくみえる映画を、アメリカ人が撮ってくれてよかったよ。左っぽい朝日っぽい人たちにもぜひ観て欲しいな。


って。いまからMySQL環境構築やれよな。俺さあ。。。

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

本が出てます☆

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Mac OS X Lion で、emacs を楽に使うために、Meta キーを「option」に設定したい。
    通りすがり (01/19)
  • 携帯キャリアの、アクセス制限(未成年保護)についてのまとめ
    たけのこの里 (10/01)
  • Mac OS X Lion で、emacs を楽に使うために、Meta キーを「option」に設定したい。
    イシカワ (07/16)
  • さくらインターネットで、gem install すると「chown/chgrp: Operation not permitted 」と叱られる件の対応
    sean (04/20)
  • さくらインターネットで、gem install すると「chown/chgrp: Operation not permitted 」と叱られる件の対応
    てっちー (03/24)
  • Mac OS X Lion で、emacs を楽に使うために、Meta キーを「option」に設定したい。
    JO (01/04)
  • Passbook(パスブック)on iOS6 (NDAに触れない範囲で...)
    ぱん (09/28)
  • Passbook(パスブック)on iOS6 (NDAに触れない範囲で...)
    宮腰睦美 (09/23)
  • magit を、Lion の emacs にインストール
    ぱん (05/08)
  • 【 Xcode4.2 】Interface Builder使わずに、座標を合わせたい(習作1)
    ぱん (12/21)

recommend

iOSプログラミング 第2版
iOSプログラミング 第2版 (JUGEMレビュー »)
アーロン・ヒレガス,ジョー・コンウェイ,Aaron Hillegass,Joe Conway
■独学で初心者を脱出するには、必読ではないでしょうか。翻訳でニュアンスが伝わらない部分があるので、原書と、サポートサイト(英語)を活用すべし!です。

recommend

iPhoneプログラミングUIKit詳解リファレンス
iPhoneプログラミングUIKit詳解リファレンス (JUGEMレビュー »)
所 友太
■内容古いですが、iOSプログラマー中級以上の階段を登るために、必要な本だと思います。iOS5対応版出ないかな。。

recommend

iOSプログラミング入門 - Objective-C + Xcode 4で学ぶ、iOSアプリ開発の基礎
iOSプログラミング入門 - Objective-C + Xcode 4で学ぶ、iOSアプリ開発の基礎 (JUGEMレビュー »)
大津 真
■Ch.1「iOS プログラミングを始めるための基礎知識」でXcodeの概要を理解して、Ch.2「Objective-C の基礎知識」で、Objective-Cの考え方を理解できます。iOSプログラミングのキックオフにぴったり。

recommend

去年ルノアールで
去年ルノアールで (JUGEMレビュー »)
せきしろ
■ルノアールで妄想が爆発

recommend

RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第4版
RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第4版 (JUGEMレビュー »)
Sam Ruby,Dave Thomas,David Heinemeier Hansson
■Railsのバイブル第4版の日本語版が2011年末にリリース!サーバサイドで準備するAPIや、Webサイト関連のもろもろは、やっぱRailsでしょう。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM