スポンサーサイト

  • 2015.09.25 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

『Google Cloud Messaging』実験までの道のり/あとで勉強するメモ

  • 2012.08.23 Thursday
  • 00:14
JUGEMテーマ:インターネット

いったん、Android の勉強中断!Passbookの勉強戻る!
・・・なので、今度また勉強する時のために、勉強再開ポイントを自分用にメモ。

▼ FirstApp を作るチュートリアル;
・環境構築/プロジェクト作成/アプリ実行までの流れは、ひと通り理解した。
 ・【超・初級編】Android の開発環境を、 OS X Mountain Lion ( 10.8 ) で構築する。
 ・【Android で 最初のアプリケーションを作る #1 】『 Building Your First App 〜 プロジェクトを作る 〜 』
 ・【Android で 最初のアプリケーションを作る #2 】『 Building Your First App 〜 アプリを実行する 〜 』

 ⇒次は、レイアウトの弄り方や、アプリケーション内ロジックの書き方、データの保持の仕方とか、勉強する(予定)


▼ Google Cloud Messaging (GCM) の勉強リソース
・基本
 ・Google APIs Console:GCMだけでなく、他のGoogle API の設定場所。API の Access Key とかもここで作ったり、確認したりする。
 ・Google Cloud Messaging for Android:クライアントサイドと、サーバサイドにわけて、サンプルコードつけて解説してくれてる。わかりやすい。けど、ちょっとやってみたけどよくわからん。Androidの、というかJavaの基本ルールがよくわかってないからかも。たぶん、FirstAppをつくるチュートリアル最後までやったら、なんとなくわかるはず。
 ・AndroidでGCMを使ってみる:日本語で、上記公式ガイドに沿って説明してくれてる。
 ・Google Cloud Messaging for Android (GCM)を使ってみた:こちらも日本語
 ・Android開発 C2DMを触ってみよう:GCM 以前のPUSH方式「C2DM」の説明

・各言語サーバサイドライブラリ



▽ 良さ気な本


⇒ UIについ理解を深める。個人的にAndroidは、4以降でないと使いづらくて仕方ないと思っているので、4以降にフォーカスしてるのも◎


⇒ どうかなあ。本屋で立ち読みしてから買うかどうか決めさせていただきたい本


「目次」みると、欲しくなります。Java脳への導入書としても◎っぽい。買おうコレ。

【Android で 最初のアプリケーションを作る #2 】『 Building Your First App 〜 アプリを実行する 〜 』

  • 2012.08.21 Tuesday
  • 19:31
JUGEMテーマ:コンピュータ

Mountain Lion で、Androidを勉強しようシリーズの第3弾。これまで2回のエントリーで、Mac上での開発環境構築。および、アプリケーション作成の導入(プロジェクトの作成)まで終了してます;

1. 【超・初級編】Android の開発環境を、 OS X Mountain Lion ( 10.8 ) で構築する。
2. 【Android で 最初のアプリケーションを作る #1 】『 Building Your First App 〜 プロジェクトを作る 〜 』





さて。今回のエントリーは、アプリを実行手順についてです。前回のエントリーで作成したプロジェクトにデフォルトで含まれる「 Hello World 」を実行してみます。
元ネタは「 Running Your App」です。

Eclipse 起動後全体画面

ちなみに、Androidのアプリ実行環境は2つ;
・Android の実機端末で実行
・Ecripse (エミュレータ)で実行
それぞれの環境で、アプリをインストールするには、Eclipseで行う/ターミナルからコマンドラインで行うという2種類の方法があります。





具体的な実行手順の説明の前に、Androidのプロジェクトディレクトリに入っている、いくつかのディレクトリ/ファイルをちょっとだけ解説。
プロジェクト内・ファイル構成説明

(1). AndroidManifest.xml
・アプリについての基本的な設定、コンポーネントの定義が書かれている。

(2). src/
主なソースファイルが入っている。app icon でアプリが起動する際に呼ばれる、Activity class がデフォルトで含まれている。

(3). res/
アプリのリソースの入った、サブディレクトリがいくつか含まれる
 a). rawable-hdpi/
 高解像度(hdpi)の画像ファイルが入る。
 "rawable-◯◯" には、それぞれの解像度の画像ファイルが入る
 ※参考)『 Android:画面密度によるリソースのスケーリング
 b). layout/
 アプリのUIを定義するファイルが入る。
 c). values/
 文言や色指定など、いろんな要素が指定されたXMLファイルが入る。





Androidアプリの基本的な起動手順は、以下のとおりです;
0). ビルドして、実行する
1). Activity クラスが呼ばれる
2). Activity クラスが、レイアウトファイルを読み込む
3). レイアウトファイルが、"Hello World" と表示する

まず、実機でアプリを実行しましょう。手順は、以下;

1). USBケーブルで、実機端末とMacを繋ぐ。(Windowsの場合は、なんかインストールが必要
2). 実機端末で、設定 > 開発者向けオプション と進み「USBデバッグ」をONにする
 (※ GALAXY NEXUS SC 04D の場合の遷移。他の端末では違う遷移かも)
3). アプリを実行する
 a). Eclipse で実行する場合;
  ・プロジェクトファイルを開き、ツールバーの「Run(▶)」をクリックする
   ⇒Eclipseがアプリを実機にインストールし、実行される
 b). コマンドラインの場合;

  1). プロジェクトディレクトリの直下に移動し、以下コマンドを実行
  $ pwd
  /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp
  $ ant debug
  Buildfile: build.xml does not exist!
  Build failed

  ⇒ 失敗・・・
  ※target を指定しないとだめっぽい。『【HowtoForge】Android: Buildfile: build.xml does not exist!』を参考に解決。以下、解決手順;

$ android list targets
Available Android targets:
----------
id: 1 or "android-16"
Name: Android 4.1
Type: Platform
API level: 16
Revision: 2
Skins: HVGA, QVGA, WQVGA400, WQVGA432, WSVGA, WVGA800 (default), WVGA854, WXGA720, WXGA800, WXGA800-7in
ABIs : armeabi-v7a
----------
id: 2 or "Google Inc.:Google APIs:16"
Name: Google APIs
Type: Add-On
Vendor: Google Inc.
Revision: 2
Description: Android + Google APIs
Based on Android 4.1 (API level 16)
Libraries:
* com.google.android.media.effects (effects.jar)
Collection of video effects
* com.android.future.usb.accessory (usb.jar)
API for USB Accessories
* com.google.android.maps (maps.jar)
API for Google Maps
Skins: WVGA854, WQVGA400, WSVGA, WXGA800-7in, WXGA720, HVGA, WQVGA432, WVGA800 (default), QVGA, WXGA800
ABIs : armeabi-v7a

$ pwd
/Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp
$ android update project --target 1 --path .
Updated project.properties
Updated local.properties
No project name specified, using Activity name 'MainActivity'.
If you wish to change it, edit the first line of build.xml.
Added file ./build.xml
Updated file ./proguard-project.txt
It seems that there are sub-projects. If you want to update them
please use the --subprojects parameter.




再度挑戦!




$ ant debug
Buildfile: /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp/build.xml

-set-mode-check:

-set-debug-files:

-check-env:
[checkenv] Android SDK Tools Revision 20.0.1
[checkenv] Installed at /Applications/android-sdk-macosx

-setup:
[echo] Project Name: MainActivity
[gettype] Project Type: Application

-set-debug-mode:

-debug-obfuscation-check:

-build-setup:
[echo] Resolving Build Target for MainActivity...
[gettarget] Project Target: Android 4.1
[gettarget] API level: 16
[echo] ----------
[echo] Creating output directories if needed...
[echo] ----------
[echo] Resolving Dependencies for MainActivity...
[dependency] Library dependencies:
[dependency] No Libraries
[dependency]
[dependency] ------------------
[dependency] API<=15: Adding annotations.jar to the classpath.
[echo] ----------
[echo] Building Libraries with 'debug'...
[subant] No sub-builds to iterate on

-pre-build:

-code-gen:
[mergemanifest] Merging AndroidManifest files into one.
[mergemanifest] Manifest merger disabled. Using project manifest only.
[echo] Handling aidl files...
[aidl] No AIDL files to compile.
[echo] ----------
[echo] Handling RenderScript files...
[renderscript] No RenderScript files to compile.
[echo] ----------
[echo] Handling Resources...
[aapt] Generating resource IDs...
[echo] ----------
[echo] Handling BuildConfig class...
[buildconfig] Generating BuildConfig class.

-pre-compile:

-compile:
[javac] Compiling 2 source files to /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp/bin/classes

-post-compile:

-obfuscate:

-dex:
[dex] Converting compiled files and external libraries into /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp/bin/classes.dex...

-crunch:
[crunch] Crunching PNG Files in source dir: /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp/res
[crunch] To destination dir: /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp/bin/res
[crunch] Crunched 0 PNG files to update cache

-package-resources:
[aapt] Creating full resource package...

-package:
[apkbuilder] Current build type is different than previous build: forced apkbuilder run.
[apkbuilder] Creating MainActivity-debug-unaligned.apk and signing it with a debug key...

-post-package:

-do-debug:
[zipalign] Running zip align on final apk...
[echo] Debug Package: /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp/bin/MainActivity-debug.apk
[propertyfile] Creating new property file: /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp/bin/build.prop
[propertyfile] Updating property file: /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp/bin/build.prop
[propertyfile] Updating property file: /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp/bin/build.prop
[propertyfile] Updating property file: /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp/bin/build.prop

-post-build:

debug:

BUILD SUCCESSFUL
Total time: 9 seconds
※参考)Ant について:『Ant 1章 Antの基礎



4). さらに以下コマンドを実行
※ PATH に platform-tools のパスを登録している必要あり。詳しは過去エントリ参照。
$ adb install bin/MyFirstApp-debug.apk
can't find 'bin/MyFirstApp-debug.apk' to install
$ adb install bin/MainActivity-debug.apk
2850 KB/s (154135 bytes in 0.052s)
pkg: /data/local/tmp/MainActivity-debug.apk
Success


(↓)ちなみに、既に同じアプリがインストールされてるとエラー出る;

$ adb install bin/MainActivity-debug.apk
2871 KB/s (154135 bytes in 0.052s)
pkg: /data/local/tmp/MainActivity-debug.apk
Failure [INSTALL_FAILED_ALREADY_EXISTS]





5). 実機端末で、MyFirstActivity をクリックして実行してみる。問題なく起動!パチパチ







次に、エミュレータ上で、アプリを実行してみましょう。

エミュレータ起動の前に、再現したい端末(Android Virtual Device (AVD))のスペックを指定しないとなりません。指定方法は、以下の通り;
1). Android Virtual Device Manager を起動
 a). eclipse の場合、ツールバーからアイコンドロイド君をクリック
 b). コマンドラインの場合;
$ android avd
※ PATH に platform-tools のパスを登録している必要あり。詳しは過去エントリ参照。

AVDM・ブランクウインドウ

2). Android Virtual Devie Manager (AVDM) が起動したら、画面右の「New...」をクリック。現れるダイアログの「AVD Name」「Target Name」「SD card size」「skin(デフォルトはHVGA)」等、各種値を設定して「Create AVD」。

新規VD設定中画面※参考設定)『Android端末各種 AVD設定表
※SD card とか、適当に1GiBとかにしちゃったけど。とりあえず問題なさそう・・・



それでは、ようやくここで、Eclipse/コマンドラインから、エミュレータを起動します。

1). AVDMのリスト画面で、作成したデバイスを選択して「Start」。
※ かなり時間がかかりまつ。「固まってるのか?」と不安になるけど、我慢。しばらくすると、ロック画面が表示されるので、ロック解除。

エミュレータ起動中・プログレスバー

4). アプリを実行してみる。※ eclipse/コマンドラインの2つ方法あり。
a). eclipse の場合:ツールバーの「Run(▶)」ボタンをクリック
 ・・・これも、起動するまでかなり時間かかって不安になるけど。我慢。
b). コマンドラインの場合(以下);
$ ant debug
Buildfile: /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp/build.xml

(省略)

BUILD SUCCESSFUL
Total time: 1 second

$ adb install bin/MainActivity-debug.apk
error: more than one device and emulator
- waiting for device -
error: more than one device and emulator
- waiting for device -
error: more than one device and emulator
- waiting for device -
error: more than one device and emulator
- waiting for device -
error: more than one device and emulator
- waiting for device -
error: more than one device and emulator
- waiting for device -

(省略)

エラーでてる。『apkをコマンドラインからアンインストールするには』を参考に解決;

#エミュレータを指定
$ adb -e uninstall <アンインストールしたいパッケージ名>

#実機を指定
$ adb -d uninstall <アンインストールしたいパッケージ名>
※このオプションは、アンインストールに限らない。


複数のエミュレータを立ち上げている場合や複数の実機を接続している場合は、
$ adb devices
で<serial number>を確認して、

$ adb -s <serial number> uninstall <アンインストールしたいパッケージ名>

とかすればよい。




やってみる。

$ adb -e install bin/MainActivity-debug.apk
1747 KB/s (154135 bytes in 0.086s)
pkg: /data/local/tmp/MainActivity-debug.apk
Success


are_you_freezing

成功したです。

catting_log

ログも見られるです。



今回は、ここまで。次回はUIのカスタマイズ方法です。

【Android で 最初のアプリケーションを作る #1 】『 Building Your First App 〜 プロジェクトを作る 〜 』

  • 2012.08.13 Monday
  • 22:45
JUGEMテーマ:インターネット

Mac OS X Mountain Lion ( 10.8 ) で、Googleの、Android Developers サイトにある超初級者向けチュートリアル『Building Your First App』をやってみたメモ。ちょっと長いので、今回のエントリーでは、プロジェクトを作るまでー


▼ 事前準備。
#01. Android SDK のダウンロード
#02. Eclipse のインストール。及び、Eclipse 用 ADT ( Android Development Tools ) のインストール
#03. SDK Manager を使って、最新の SDK tools と platforms のダウンロード
※「事前準備」がまだ済んでない方は『【超・初級編】Android の開発環境を、 OS X Mountain Lion ( 10.8 ) で構築する。』を参照して下さい。


▼『 Android Project 』を作成する。( Eclipse を利用 )

#00. まず、Eclipse を起動

#01. ツールバーの左から8つ目くらいにある Android Project 作成ウィザードアイコンをクリック

Eclipse・起動直後



#02. 各フォームを入力(設定)する

Eclipse・設定画面

・(1) Application Name:ユーザに表示する名称(アプリ名)

・(2) Project Name:当プロジェクトのディレクトリ名。Eclipseも参照する

・(3) Package Name:全ユーザのAndroidシステムでユニークな名称。通常は、ドメインを逆にしたものに加え、最後にアプリ名を付ける。(「com.exampler.<アプリ名>」もとりあえず使えるけど、Google Play に申請はできない)

・(4) Build SDK:ターゲットとするOSバージョンの中で、最新のものを指定する。通常は、発表されている中で最新のものを指定する(とGoogleは書いている)。ここで4.1とか指定したとしても、古いバージョンで動作しないわけではない。逆にここで指定しておかないと、最新のデバイスのユーザに、そのデバイスに最適化されたユーザ体験を提供できない。

・(5) Minimum Required SDK:ターゲットとするOSバージョンの中で、最も低いバージョンを指定する。特定のバージョン以上でしか使えない機能があったとしても、その機能を使う際にOSバージョン判定をするという手もあるので、考えられる中で最低のバージョンを指定すること推奨する(とGoogleは書いている)。

ここで、参考までに、Android OSの、バージョン別普及率をチェック。自分の経験値的に、OSやブラウザの過去バージョンで、泣く泣く外してもよい閾値は、5%だ。95%を網羅することは死守し、残り5%は、近い未来にアクティブ利用者が皆無になると想定し、対象外とする。※ここでは、2.1以下を対象外とします。

Android・バージョン別のシェア

念のため、各バージョンのDiff的な差異を、Wikipedia で確認してみる。

Android・各バージョンのDiff

⇒ 2.2 以上から、クラウドとデバイスの連携APIが使える。GCM( Google Cloud Messaging )が使えるのも、2.2 以上。現時点でここを閾値とするのはリーズナブルだ。ちなみに、GCMは、iOS でいうところの、Push Notification すね。



(1)〜(5)を入力したら「Next >」。



#03. launcher アイコンをつくる

とりあえずの、アイコンをつくる(↓)

Eclipse・アイコン作成


ひとまず、画面解像度に応じた「なんちゃって」アイコンをつくれるけど。実際にリリースするアプリで使うアイコンを作るには、『アイコンデザインガイド( Iconography design guide )』を読んで、ちゃんとしたの作る必要あり。


作成できたら「Next >」



#04. Activity Template(アプリのテンプレート)を選ぶ

Eclipse・Activity選択


ここでは「BlankActivity」を選択し「Next >」


Eclipse・BlankActivity詳細


とりあえず、なにも変更せずに「Next >」



なんか、変な画面が表示される、

Eclipse・依存ファイルのInstall-01


・・・。「Install/Upgrade」をクリックして、


Eclipse・依存ファイルのInstall-02


「Accept All」して「Install」して「Finish」。





Eclipse・プロジェクト起動画面


Esclipse 上で、プロジェクトが起動する。パチパチパチ



なんかどことなく、Xcodeを想わせて懐かしい気持ちに・・・





▼『 Android Project 』を作成する。(「ターミナル」を利用 )


#00. ターミナルを起動し、以下コマンドを実行

---------------------
$ android list targets
---------------------
※先のエントリーの通り、PATHが設定されていることが前提



↓実行結果


----------------------------
Available Android targets:
----------
id: 1 or "android-16"
Name: Android 4.1
Type: Platform
API level: 16
Revision: 2
Skins: HVGA, QVGA, WQVGA400, WQVGA432, WSVGA, WVGA800 (default), WVGA854, WXGA720, WXGA800, WXGA800-7in
ABIs : armeabi-v7a
----------
id: 2 or "Google Inc.:Google APIs:16"
Name: Google APIs
Type: Add-On
Vendor: Google Inc.
Revision: 2
Description: Android + Google APIs
Based on Android 4.1 (API level 16)
Libraries:
* com.google.android.media.effects (effects.jar)
Collection of video effects
* com.android.future.usb.accessory (usb.jar)
API for USB Accessories
* com.google.android.maps (maps.jar)
API for Google Maps
Skins: WVGA854, WQVGA400, WSVGA, WXGA800-7in, WXGA720, HVGA, WQVGA432, WVGA800 (default), QVGA, WXGA800
ABIs : armeabi-v7a
----------------------------


⇒ 表示される中で、最新の id(ここでは『 android-16 』)をターゲットにする。先の Eclipse の説明の中にもあったけど、一番最新ものを選択しておくこと(を、Google は推奨)。ここで最新を指定したからって、古いバージョンで動作しないわけではない。ここで最新を指定しておけば、最新デバイスで動作させる際、アプリはそのデバイスに最適化される。




#01. ターミナルを起動し、以下コマンドを実行
---------------------
$ android create project --target android-16 --name MyFirstApp2 ¥
--path /Users/<YOUR HOME>/Documents/workspace/MyFirstApp2 --activity MainActivity ¥
--package us.toaster4.myfirstapp2
---------------------
※先のエントリーの通り、PATHが設定されていることが前提
※「Android-16」の部分に、#00で表示される最新のidを記入する
※「/Users/<YOUR HOME>/Documents/workspace/MyFirstApp2」には、作業用ディレクトリを指定。
※「us.toaster4.myfirstapp2」には、Package Nameを指定。全ユーザのAndroidシステムでユニークな名称にする必要あり。通常は、ドメインを逆にしたものに加え、最後にアプリ名を付けたりする。



↓実行結果


----------------------------
Created project directory: /Users/<YOUR HOME>/Documents/workspace/MyFirstApp2
Created directory /Users/<YOUR HOME>/Documents/workspace/MyFirstApp2/src/us/toaster4/myfirstapp2
Added file /Users/<YOUR HOME>/Documents/workspace/MyFirstApp2/src/us/toaster4/myfirstapp2/MainActivity.java
Created directory /Users/<YOUR HOME>/Documents/workspace/MyFirstApp2/res
Created directory /Users/<YOUR HOME>/Documents/workspace/MyFirstApp2/bin
Created directory /Users/<YOUR HOME>/Documents/workspace/MyFirstApp2/libs
Created directory /Users/<YOUR HOME>/Documents/workspace/MyFirstApp2/res/values
Added file /Users/<YOUR HOME>/Documents/workspace/MyFirstApp2/res/values/strings.xml
Created directory /Users/<YOUR HOME>/Documents/workspace/MyFirstApp2/res/layout
Added file /Users/<YOUR HOME>/Documents/workspace/MyFirstApp2/res/layout/main.xml
Created directory /Users/<YOUR HOME>/Documents/workspace/MyFirstApp2/res/drawable-xhdpi
Created directory /Users/<YOUR HOME>/Documents/workspace/MyFirstApp2/res/drawable-hdpi
Created directory /Users/<YOUR HOME>/Documents/workspace/MyFirstApp2/res/drawable-mdpi
Created directory /Users/<YOUR HOME>/Documents/workspace/MyFirstApp2/res/drawable-ldpi
Added file /Users/<YOUR HOME>/Documents/workspace/MyFirstApp2/AndroidManifest.xml
Added file /Users/<YOUR HOME>/Documents/workspace/MyFirstApp2/build.xml
Added file /Users/<YOUR HOME>/Documents/workspace/MyFirstApp2/proguard-project.txt
----------------------------


2行目で、Package Name の「 . 」が「 / 」に変換されてて、変な感じするけど、そういうものらしい
⇒ 参考『androidコマンドを使ったプロジェクトの作成


とりあえずこれで開発に入ることが可能。次回エントリーで、次のステップ書きます。

【超・初級編】Android の開発環境を、 OS X Mountain Lion ( 10.8 ) で構築する。

  • 2012.08.13 Monday
  • 18:30
JUGEMテーマ:インターネット


やらねば、やろう。と思って、早数年。そろそろ、待ったなし感がハンパないので、Android開発を学ぼうと思う。のだけれど、どこから初めてよいやら。。


と。こういう時は、たいてい、オフィシャルな情報に従うが吉。という経験則に従い。Google Developers サイトの中でスタートガイドを探す。


で、見つかったのがこちら(↓)。


Android Developer Tools


マスコットキャラが「Welcome」だっちゃ・・・。





▼ #01『Android SDK』のダウンロード&インストール

Installing the SDK』ページに従って、DL&インストール。

Get the Android SDK

⇒ ダウンロードは、こちら

※ 解凍すると「android-sdk-mac_x86」フォルダができるので「アプリケーション」フォルダに入れる





▼ #02『Android SDK』の実行

Adding Platforms and Pakages』によれば、Android SDK は3つのパッケージ(「tools」「platforms」「その他コンポーネント」)を別々に管理する構造らしい。Android SKD Managerを使って、それぞれをダウンロードしたり、アップデートしたりするそうだ。


☆1: ターミナルから、android sdk を実行する
----------------
$ cd /Applications/android-sdk-macosx/tools
$ ./android
----------------


☆2: ウインドウが開いて、サーバと通信が始まり、画面右下に「Install n packages」(※nは数字)と表示される。

Android SDK Manager

これは推奨インストール項目とのこと。なので、インストールしておく。



Choose Packages to Install

ライセンスに納得できたら「Accept All」のラジオボタンをチェックし「Install」
※つまり、納得してください。ってこと。


☆3: 今後のために、PATH追加(ターミナルにて下記実行)

$emacs /Users/cxp04754/.bash_profile
----------------
# Android SDK用:以下の行を .bash_profile に追記
export PATH=//Applications/android-sdk-macosx/tools:$PATH
export PATH=//Applications/android-sdk-macosx/platform-tools:$PATH
----------------
$ source ~/.bash_profile





▼ #03『Eclipse』のインストール

自分、Javaとか無縁な人なので、まずはEclipseのインストールから。Googleの推奨は「Eclipse Classic」とのことなので、それをDLしてインストールする。

☆1: 現バージョン(2012/08/13現在)をダウンロード:
http://www.eclipse.org/downloads/download.php?file=/eclipse/downloads/drops4/R-4.2-201206081400/eclipse-SDK-4.2-macosx-cocoa-x86_64.tar.gz

☆2: DL終わったら、解凍してアプリケーションフォルダに入れる

・初回実行時は、「Ctl」を押下したまま、アイコンをクリック
(Mountain Lion からは、未認証のDLソフトをそのままではインストールできないため、確認画面を表示させて、OKでインストールする)

☆3: working space をどこにするか確認される。
⇒ 自分の場合、デフォルトの「/Users/<YOUR HOME>/Documents/workspace」でOK。





▼ #04『ADT(Android Developing Tools)』のインストール

Installing the Eclipse Plugin』を参照しながら、ADTをDL&インストールする。

☆1: Eclipse が起動した状態で、メニュー「Help > Install New Software...」を選択

☆2: 表示されたウインドウの右上「Add...」をクリックすると「Add Repository」というダイアログが表示される;

Add Repository

⇒ Name: に「ADT Plugin」、Location: に「 https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/ 」と入力し「OK」をクリック

☆3: 表示されたダイアログの「Developer Tools」のチェックボックスをチェックして「OK」

Check the items that you wish to install

☆4: ダウンロードされるツールの一覧が表示されるので「Next」をクリック。次のウインドウで各種ライセンスが表示されるので、納得したら「I accept the terms of the license agreements」のラジオボタンをチェックして、「Finish」。途中、Mountain Lion がセキュリティ関連のアラートを吐くけれど、納得して「OK」を押して進んで下さい。

☆5: インストールが終わったら、Eclipse を再起動。





▼ #05『ADT(Android Developing Tools)』の設定


☆1: Config ダイアログが起動する。「Use existing SDKs」のラジオボタンをチェックし、Locationを入力して「Next」。

Configure the ADT Plugin

⇒ 起動しない場合は、メニュー「Eclipse > Preferences」を選択。「Android」の項でSDK Location: を同様に入力し「Apply」し「OK」。

☆2: Contribute Usage Statistics?と聞かれる。利用履歴をGoogleに送って、開発の参考にしてもらいたい場合は「Yes」を選択して「Finish」。

☆3: うまくいかない場合は、Trouble shooting (英語)を参照とのこと






▼ 次は、何する?

Next Steps』に、次のアクションが書いてあります;

☆1: コーディングをはじめる
⇒ 『最初のアプリケーションを作ろう(Building Your First App)』をやってみる

☆2: アプリのデザインを学ぶ
⇒ 『Android Design』を見て研究する

☆3: APIフレームワークを熟読する
⇒ まず『API Guides』の基本的なトピックから読み始めてみる

⇒『Reference』で、細かな定義を調べる

☆4: 開発ツールに慣れ親しむ
ワークフローに沿って、適切な開発ツールの使い方を学ぶ。
※Eclips(とADT)以外に「IntelliJ IDEA 」等の統合ツールを使う選択肢もある。



-------

それでは、次のステップとして『最初のアプリケーションを作ろう(Building Your First App)』をやってみます。
【Android で 最初のアプリケーションを作る #1 】『 Building Your First App 〜 プロジェクトを作る 〜 』

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

本が出てます☆

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

  • Mac OS X Lion で、emacs を楽に使うために、Meta キーを「option」に設定したい。
    通りすがり (01/19)
  • 携帯キャリアの、アクセス制限(未成年保護)についてのまとめ
    たけのこの里 (10/01)
  • Mac OS X Lion で、emacs を楽に使うために、Meta キーを「option」に設定したい。
    イシカワ (07/16)
  • さくらインターネットで、gem install すると「chown/chgrp: Operation not permitted 」と叱られる件の対応
    sean (04/20)
  • さくらインターネットで、gem install すると「chown/chgrp: Operation not permitted 」と叱られる件の対応
    てっちー (03/24)
  • Mac OS X Lion で、emacs を楽に使うために、Meta キーを「option」に設定したい。
    JO (01/04)
  • Passbook(パスブック)on iOS6 (NDAに触れない範囲で...)
    ぱん (09/28)
  • Passbook(パスブック)on iOS6 (NDAに触れない範囲で...)
    宮腰睦美 (09/23)
  • magit を、Lion の emacs にインストール
    ぱん (05/08)
  • 【 Xcode4.2 】Interface Builder使わずに、座標を合わせたい(習作1)
    ぱん (12/21)

recommend

iOSプログラミング 第2版
iOSプログラミング 第2版 (JUGEMレビュー »)
アーロン・ヒレガス,ジョー・コンウェイ,Aaron Hillegass,Joe Conway
■独学で初心者を脱出するには、必読ではないでしょうか。翻訳でニュアンスが伝わらない部分があるので、原書と、サポートサイト(英語)を活用すべし!です。

recommend

iPhoneプログラミングUIKit詳解リファレンス
iPhoneプログラミングUIKit詳解リファレンス (JUGEMレビュー »)
所 友太
■内容古いですが、iOSプログラマー中級以上の階段を登るために、必要な本だと思います。iOS5対応版出ないかな。。

recommend

iOSプログラミング入門 - Objective-C + Xcode 4で学ぶ、iOSアプリ開発の基礎
iOSプログラミング入門 - Objective-C + Xcode 4で学ぶ、iOSアプリ開発の基礎 (JUGEMレビュー »)
大津 真
■Ch.1「iOS プログラミングを始めるための基礎知識」でXcodeの概要を理解して、Ch.2「Objective-C の基礎知識」で、Objective-Cの考え方を理解できます。iOSプログラミングのキックオフにぴったり。

recommend

去年ルノアールで
去年ルノアールで (JUGEMレビュー »)
せきしろ
■ルノアールで妄想が爆発

recommend

RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第4版
RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第4版 (JUGEMレビュー »)
Sam Ruby,Dave Thomas,David Heinemeier Hansson
■Railsのバイブル第4版の日本語版が2011年末にリリース!サーバサイドで準備するAPIや、Webサイト関連のもろもろは、やっぱRailsでしょう。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM