会社をつくる、準備をしています。

  • 2014.10.14 Tuesday
  • 22:55
ながらく務めていた会社を辞め、会社設立準備中です。ひとまず、コーボレートサイトを作りました。「BLOG」のところしか、当面は更新ないかもですが。どうぞよろしくお願いします。

トースター株式会社・公式Webサイト

P.S.
「JAM☆ぱん」ブログは、技術系ブログとして、ほそぼそと更新していきます。ひきつづき、よろしくお願いします。

Zapierからの、リマインドメール。

  • 2014.05.23 Friday
  • 22:47
JUGEMテーマ:インターネット




質素だけど。バランスのいいメールだなあと思う。参考にしたい。

ベイエリアのスタートアップは、登録後のメールとか送信してるサービスけっこうおんなじの使ってそうだな。どんなサービスだろか。。

工程ごとの、補助ツールという考え方。

  • 2014.05.23 Friday
  • 17:07
JUGEMテーマ:インターネット





リサーチから、ローンチまでの補助ツールをグルーピングするという考え方。好き。

こういうのつくりたいな。

  • 2014.05.23 Friday
  • 15:24
JUGEMテーマ:インターネット




マーケティング系のlandscapeは、検索すればたくさんでてくるけど。こういう、ちょっと気の利いたのは楽しくていいな。つくりたい。うん、つくろう。

Atlassian User Group 会に行ってきました。

  • 2014.05.16 Friday
  • 00:42
Atlassianユーザーグループ@東京 #augj」に行ってきました。初めての参加です。

Atlassian CEO

19:45位〜22:00過ぎまで、びっしり濃い時間。今回、 Atlassian CEO の Mikeさんも参加されてたので、質問しまくってしまいました。時間がおしてしまい、後半に予定されてたスピーカーの方が発表できない事態に。申し訳ありませんでした。。

■Mikeさんの話でメモしたことを転記;

- Tシャツをすっごく作ってるんだけど。それは、オンラインのサービスだから、顧客とのフィジカルな接点が欲しくてなんだ。
- シドニーだけでなく、サンフランや、ベトナムなどにオフィスあるよ。ちなみに、シドニーオフィスの国籍は、13にもなるよ。リモートワーカーもいるけど、その人達ももともとはどこかのオフィスで働いてた経験があるよ。チームで働く、企業文化になじんでることが、重要だと思ってるからだよ。
- (Atlassianの製品ラインナップは、すごく多いけど)創業時は、JIRAだけで精一杯だったよ。

■プレゼンの時のスライドを、パシャリ。社員の心構え;

Atlassian Policy

- 開かれた会社であること。嘘をつかない。
- 心を込めて。バランスよく作ること。
- 顧客を大切にすること。
- チームで、楽しく働くこと。
- 身の回りのことに気を配り、良くしようとすること。


しごくまっとうだけど。そういうことが、本当に大事なんだろうな。



P.S.
@yusuke さん系のイベントは、個人的につぼです。すべらんなーと、いつも思います。すごいなあ。。ありがとうございました!

「プロジェクト」の定義

  • 2014.05.14 Wednesday
  • 03:07
これまで、たくさんの「プロジェクト」に関わってきたけれど。そろそろ「プロジェクト」の進め方や、管理のやり方を、後続の人に正しくレクチャーできるようにならないとな。と思って、試行錯誤していたのだけれど。

これまで権威的な感じがして、食べず嫌い(読まず嫌い)していた、
PMBOKガイドの内容が、あまりにも素晴らしくて。完全読破目指すことにしました。

なんていうか。理論構造が、オブジェクト指向というか。Rubyっぽいというか。「システム化」と「マニュアル化」の捉え方とか、「変化」「変更」に対しての心構えとかが。すごく、気持ちいいんです。「この理論体系なら、実際のプロジェクトでも活用できるな。」って思わせてくれます。

今回から断片的に、思ったことを投稿していこうと思います。

で。1回目。そもそもPMBOKガイドの「プロジェクト」の定義。

プロジェクトとは「独自のプロダクト、サービス、所産を創造するために実施する有期性の在る業務である。」(A project is a temporary endeavor undertaken to create a unique product, service, or result.)


この定義から、逆に、プロジェクトでないコト・モノとは、「独自性が無く・反復的」で「継続的」的な業務ということになります。一般的に「定常業務」と呼ばれるようなものですね。


※なんかひさびさのブログ・エントリーなので、1エントリーについての適切なテキスト量の感覚が、戻りません。しばらくリハビリ期間中なので、ご容赦ください。


JUGEMテーマ:ビジネス

Capitrano 、Github 、etc.. 最近、お世話になった(勉強になった)リンク集

  • 2012.09.28 Friday
  • 01:17
最近、Web開発ブームにまたなってきて。ようやく「継続的開発&リリース環境」構築の重要性を理解できてきたので。。というか、理解させられた。というか。ようやく、Capistrano とか、Github とか、うまく使って「安心して、公開中のサービスの中に、次の機能開発を行う」準備ができつつあります。参考になったリンクを列挙します。ありがとうございました。


▼ Capistrano 関連
・自分が実践したチュートリアル
http://takemikami.com/technote/archives/646

・一般的チュートリアル
http://d.hatena.ne.jp/dkfj/20120228/1330434467
http://kitbc.s41.xrea.com/main/?try_capistrano

・Githubとの連携
http://www.oiax.jp/rails3book/prepare_capistrano2.html
http://blog.new-bamboo.co.uk/2008/3/12/github-with-capistrano

・さくらサーバとの連携
http://d.hatena.ne.jp/ntaku/20111115/1321358900

・Passengerとの連携
http://www.aaginskiy.com/technology/2011/02/deploying-rails-3-apps-with-capistrano/

・tmp public に保存している、画像やpkgファイルの保存場所設定、およびシンボリックリンク設定
http://www.slideshare.net/T2J/capistrano-tips-tips

・Delayed_job の対応
http://blog.digital-squad.net/article/244451741.html
https://github.com/collectiveidea/delayed_job/wiki/Rails-3-and-Capistrano
 ・Delayed_job: http://blog.nzm-o.com/item/222


▼ Git のことはじめ
・一般的情報
http://d.hatena.ne.jp/ryousanngata/20120119/1326906033
http://soohei.net/vpsgit-1/

・ローカルレポジトリからのデプロイ
http://blog.yabasoft.biz/archives/3592


▼ そのほか
・Rails から、Gmail 経由でメールを送る
http://bookmeter.que.jp/hakkyo/?date=20110830

・SQLのコラム(未読)
http://d.hatena.ne.jp/koseki2/20100915/HellSQL

・TODO(RedmineとGithubとの連携:うまくいかない・・・)
https://github.com/koppen/redmine_github_hook



以上。


つぎはたぶん、テスト環境とか。。勉強するハメになるんだろうな。orz..

OS X で、 gem install sqlite3 がコケる件。

  • 2012.08.29 Wednesday
  • 16:54
JUGEMテーマ:コンピュータ

これまでずっと、sqlite3 のgem がうまく入らなくて。もう縁がないんだと諦めてたんだけど、どうしても sqlite3 を Ruby で操作しないと駄目な案件にぶつかり。なんとか解決。まず、エラーはこんな感じ;
$ sudo gem install sqlite3
Password:
Building native extensions. This could take a while...
ERROR: Error installing sqlite3:
ERROR: Failed to build gem native extension.

/Users/cxp04754/.rvm/rubies/ruby-1.9.3-p125/bin/ruby extconf.rb
checking for sqlite3.h... *** extconf.rb failed ***
Could not create Makefile due to some reason, probably lack of
necessary libraries and/or headers. Check the mkmf.log file for more
details. You may need configuration options.

いろいろ試したんだけど、どうも XcodeのCommand Line Tools がインストールされてないからっていう原因っぽい。これインストールしてから、gem install が成功したから。

XcodeのCommand Line Tools


『Google Cloud Messaging』実験までの道のり/あとで勉強するメモ

  • 2012.08.23 Thursday
  • 00:14
JUGEMテーマ:インターネット

いったん、Android の勉強中断!Passbookの勉強戻る!
・・・なので、今度また勉強する時のために、勉強再開ポイントを自分用にメモ。

▼ FirstApp を作るチュートリアル;
・環境構築/プロジェクト作成/アプリ実行までの流れは、ひと通り理解した。
 ・【超・初級編】Android の開発環境を、 OS X Mountain Lion ( 10.8 ) で構築する。
 ・【Android で 最初のアプリケーションを作る #1 】『 Building Your First App 〜 プロジェクトを作る 〜 』
 ・【Android で 最初のアプリケーションを作る #2 】『 Building Your First App 〜 アプリを実行する 〜 』

 ⇒次は、レイアウトの弄り方や、アプリケーション内ロジックの書き方、データの保持の仕方とか、勉強する(予定)


▼ Google Cloud Messaging (GCM) の勉強リソース
・基本
 ・Google APIs Console:GCMだけでなく、他のGoogle API の設定場所。API の Access Key とかもここで作ったり、確認したりする。
 ・Google Cloud Messaging for Android:クライアントサイドと、サーバサイドにわけて、サンプルコードつけて解説してくれてる。わかりやすい。けど、ちょっとやってみたけどよくわからん。Androidの、というかJavaの基本ルールがよくわかってないからかも。たぶん、FirstAppをつくるチュートリアル最後までやったら、なんとなくわかるはず。
 ・AndroidでGCMを使ってみる:日本語で、上記公式ガイドに沿って説明してくれてる。
 ・Google Cloud Messaging for Android (GCM)を使ってみた:こちらも日本語
 ・Android開発 C2DMを触ってみよう:GCM 以前のPUSH方式「C2DM」の説明

・各言語サーバサイドライブラリ



▽ 良さ気な本


⇒ UIについ理解を深める。個人的にAndroidは、4以降でないと使いづらくて仕方ないと思っているので、4以降にフォーカスしてるのも◎


⇒ どうかなあ。本屋で立ち読みしてから買うかどうか決めさせていただきたい本


「目次」みると、欲しくなります。Java脳への導入書としても◎っぽい。買おうコレ。

【Android で 最初のアプリケーションを作る #2 】『 Building Your First App 〜 アプリを実行する 〜 』

  • 2012.08.21 Tuesday
  • 19:31
JUGEMテーマ:コンピュータ

Mountain Lion で、Androidを勉強しようシリーズの第3弾。これまで2回のエントリーで、Mac上での開発環境構築。および、アプリケーション作成の導入(プロジェクトの作成)まで終了してます;

1. 【超・初級編】Android の開発環境を、 OS X Mountain Lion ( 10.8 ) で構築する。
2. 【Android で 最初のアプリケーションを作る #1 】『 Building Your First App 〜 プロジェクトを作る 〜 』





さて。今回のエントリーは、アプリを実行手順についてです。前回のエントリーで作成したプロジェクトにデフォルトで含まれる「 Hello World 」を実行してみます。
元ネタは「 Running Your App」です。

Eclipse 起動後全体画面

ちなみに、Androidのアプリ実行環境は2つ;
・Android の実機端末で実行
・Ecripse (エミュレータ)で実行
それぞれの環境で、アプリをインストールするには、Eclipseで行う/ターミナルからコマンドラインで行うという2種類の方法があります。





具体的な実行手順の説明の前に、Androidのプロジェクトディレクトリに入っている、いくつかのディレクトリ/ファイルをちょっとだけ解説。
プロジェクト内・ファイル構成説明

(1). AndroidManifest.xml
・アプリについての基本的な設定、コンポーネントの定義が書かれている。

(2). src/
主なソースファイルが入っている。app icon でアプリが起動する際に呼ばれる、Activity class がデフォルトで含まれている。

(3). res/
アプリのリソースの入った、サブディレクトリがいくつか含まれる
 a). rawable-hdpi/
 高解像度(hdpi)の画像ファイルが入る。
 "rawable-◯◯" には、それぞれの解像度の画像ファイルが入る
 ※参考)『 Android:画面密度によるリソースのスケーリング
 b). layout/
 アプリのUIを定義するファイルが入る。
 c). values/
 文言や色指定など、いろんな要素が指定されたXMLファイルが入る。





Androidアプリの基本的な起動手順は、以下のとおりです;
0). ビルドして、実行する
1). Activity クラスが呼ばれる
2). Activity クラスが、レイアウトファイルを読み込む
3). レイアウトファイルが、"Hello World" と表示する

まず、実機でアプリを実行しましょう。手順は、以下;

1). USBケーブルで、実機端末とMacを繋ぐ。(Windowsの場合は、なんかインストールが必要
2). 実機端末で、設定 > 開発者向けオプション と進み「USBデバッグ」をONにする
 (※ GALAXY NEXUS SC 04D の場合の遷移。他の端末では違う遷移かも)
3). アプリを実行する
 a). Eclipse で実行する場合;
  ・プロジェクトファイルを開き、ツールバーの「Run(▶)」をクリックする
   ⇒Eclipseがアプリを実機にインストールし、実行される
 b). コマンドラインの場合;

  1). プロジェクトディレクトリの直下に移動し、以下コマンドを実行
  $ pwd
  /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp
  $ ant debug
  Buildfile: build.xml does not exist!
  Build failed

  ⇒ 失敗・・・
  ※target を指定しないとだめっぽい。『【HowtoForge】Android: Buildfile: build.xml does not exist!』を参考に解決。以下、解決手順;

$ android list targets
Available Android targets:
----------
id: 1 or "android-16"
Name: Android 4.1
Type: Platform
API level: 16
Revision: 2
Skins: HVGA, QVGA, WQVGA400, WQVGA432, WSVGA, WVGA800 (default), WVGA854, WXGA720, WXGA800, WXGA800-7in
ABIs : armeabi-v7a
----------
id: 2 or "Google Inc.:Google APIs:16"
Name: Google APIs
Type: Add-On
Vendor: Google Inc.
Revision: 2
Description: Android + Google APIs
Based on Android 4.1 (API level 16)
Libraries:
* com.google.android.media.effects (effects.jar)
Collection of video effects
* com.android.future.usb.accessory (usb.jar)
API for USB Accessories
* com.google.android.maps (maps.jar)
API for Google Maps
Skins: WVGA854, WQVGA400, WSVGA, WXGA800-7in, WXGA720, HVGA, WQVGA432, WVGA800 (default), QVGA, WXGA800
ABIs : armeabi-v7a

$ pwd
/Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp
$ android update project --target 1 --path .
Updated project.properties
Updated local.properties
No project name specified, using Activity name 'MainActivity'.
If you wish to change it, edit the first line of build.xml.
Added file ./build.xml
Updated file ./proguard-project.txt
It seems that there are sub-projects. If you want to update them
please use the --subprojects parameter.




再度挑戦!




$ ant debug
Buildfile: /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp/build.xml

-set-mode-check:

-set-debug-files:

-check-env:
[checkenv] Android SDK Tools Revision 20.0.1
[checkenv] Installed at /Applications/android-sdk-macosx

-setup:
[echo] Project Name: MainActivity
[gettype] Project Type: Application

-set-debug-mode:

-debug-obfuscation-check:

-build-setup:
[echo] Resolving Build Target for MainActivity...
[gettarget] Project Target: Android 4.1
[gettarget] API level: 16
[echo] ----------
[echo] Creating output directories if needed...
[echo] ----------
[echo] Resolving Dependencies for MainActivity...
[dependency] Library dependencies:
[dependency] No Libraries
[dependency]
[dependency] ------------------
[dependency] API<=15: Adding annotations.jar to the classpath.
[echo] ----------
[echo] Building Libraries with 'debug'...
[subant] No sub-builds to iterate on

-pre-build:

-code-gen:
[mergemanifest] Merging AndroidManifest files into one.
[mergemanifest] Manifest merger disabled. Using project manifest only.
[echo] Handling aidl files...
[aidl] No AIDL files to compile.
[echo] ----------
[echo] Handling RenderScript files...
[renderscript] No RenderScript files to compile.
[echo] ----------
[echo] Handling Resources...
[aapt] Generating resource IDs...
[echo] ----------
[echo] Handling BuildConfig class...
[buildconfig] Generating BuildConfig class.

-pre-compile:

-compile:
[javac] Compiling 2 source files to /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp/bin/classes

-post-compile:

-obfuscate:

-dex:
[dex] Converting compiled files and external libraries into /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp/bin/classes.dex...

-crunch:
[crunch] Crunching PNG Files in source dir: /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp/res
[crunch] To destination dir: /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp/bin/res
[crunch] Crunched 0 PNG files to update cache

-package-resources:
[aapt] Creating full resource package...

-package:
[apkbuilder] Current build type is different than previous build: forced apkbuilder run.
[apkbuilder] Creating MainActivity-debug-unaligned.apk and signing it with a debug key...

-post-package:

-do-debug:
[zipalign] Running zip align on final apk...
[echo] Debug Package: /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp/bin/MainActivity-debug.apk
[propertyfile] Creating new property file: /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp/bin/build.prop
[propertyfile] Updating property file: /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp/bin/build.prop
[propertyfile] Updating property file: /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp/bin/build.prop
[propertyfile] Updating property file: /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp/bin/build.prop

-post-build:

debug:

BUILD SUCCESSFUL
Total time: 9 seconds
※参考)Ant について:『Ant 1章 Antの基礎



4). さらに以下コマンドを実行
※ PATH に platform-tools のパスを登録している必要あり。詳しは過去エントリ参照。
$ adb install bin/MyFirstApp-debug.apk
can't find 'bin/MyFirstApp-debug.apk' to install
$ adb install bin/MainActivity-debug.apk
2850 KB/s (154135 bytes in 0.052s)
pkg: /data/local/tmp/MainActivity-debug.apk
Success


(↓)ちなみに、既に同じアプリがインストールされてるとエラー出る;

$ adb install bin/MainActivity-debug.apk
2871 KB/s (154135 bytes in 0.052s)
pkg: /data/local/tmp/MainActivity-debug.apk
Failure [INSTALL_FAILED_ALREADY_EXISTS]





5). 実機端末で、MyFirstActivity をクリックして実行してみる。問題なく起動!パチパチ







次に、エミュレータ上で、アプリを実行してみましょう。

エミュレータ起動の前に、再現したい端末(Android Virtual Device (AVD))のスペックを指定しないとなりません。指定方法は、以下の通り;
1). Android Virtual Device Manager を起動
 a). eclipse の場合、ツールバーからアイコンドロイド君をクリック
 b). コマンドラインの場合;
$ android avd
※ PATH に platform-tools のパスを登録している必要あり。詳しは過去エントリ参照。

AVDM・ブランクウインドウ

2). Android Virtual Devie Manager (AVDM) が起動したら、画面右の「New...」をクリック。現れるダイアログの「AVD Name」「Target Name」「SD card size」「skin(デフォルトはHVGA)」等、各種値を設定して「Create AVD」。

新規VD設定中画面※参考設定)『Android端末各種 AVD設定表
※SD card とか、適当に1GiBとかにしちゃったけど。とりあえず問題なさそう・・・



それでは、ようやくここで、Eclipse/コマンドラインから、エミュレータを起動します。

1). AVDMのリスト画面で、作成したデバイスを選択して「Start」。
※ かなり時間がかかりまつ。「固まってるのか?」と不安になるけど、我慢。しばらくすると、ロック画面が表示されるので、ロック解除。

エミュレータ起動中・プログレスバー

4). アプリを実行してみる。※ eclipse/コマンドラインの2つ方法あり。
a). eclipse の場合:ツールバーの「Run(▶)」ボタンをクリック
 ・・・これも、起動するまでかなり時間かかって不安になるけど。我慢。
b). コマンドラインの場合(以下);
$ ant debug
Buildfile: /Users/cxp04754/Documents/workspace/MyFirstApp/build.xml

(省略)

BUILD SUCCESSFUL
Total time: 1 second

$ adb install bin/MainActivity-debug.apk
error: more than one device and emulator
- waiting for device -
error: more than one device and emulator
- waiting for device -
error: more than one device and emulator
- waiting for device -
error: more than one device and emulator
- waiting for device -
error: more than one device and emulator
- waiting for device -
error: more than one device and emulator
- waiting for device -

(省略)

エラーでてる。『apkをコマンドラインからアンインストールするには』を参考に解決;

#エミュレータを指定
$ adb -e uninstall <アンインストールしたいパッケージ名>

#実機を指定
$ adb -d uninstall <アンインストールしたいパッケージ名>
※このオプションは、アンインストールに限らない。


複数のエミュレータを立ち上げている場合や複数の実機を接続している場合は、
$ adb devices
で<serial number>を確認して、

$ adb -s <serial number> uninstall <アンインストールしたいパッケージ名>

とかすればよい。




やってみる。

$ adb -e install bin/MainActivity-debug.apk
1747 KB/s (154135 bytes in 0.086s)
pkg: /data/local/tmp/MainActivity-debug.apk
Success


are_you_freezing

成功したです。

catting_log

ログも見られるです。



今回は、ここまで。次回はUIのカスタマイズ方法です。

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< October 2014 >>

本が出てます☆

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 携帯キャリアの、アクセス制限(未成年保護)についてのまとめ
    たけのこの里 (10/01)
  • Mac OS X Lion で、emacs を楽に使うために、Meta キーを「option」に設定したい。
    イシカワ (07/16)
  • さくらインターネットで、gem install すると「chown/chgrp: Operation not permitted 」と叱られる件の対応
    sean (04/20)
  • さくらインターネットで、gem install すると「chown/chgrp: Operation not permitted 」と叱られる件の対応
    てっちー (03/24)
  • Mac OS X Lion で、emacs を楽に使うために、Meta キーを「option」に設定したい。
    JO (01/04)
  • Passbook(パスブック)on iOS6 (NDAに触れない範囲で...)
    ぱん (09/28)
  • Passbook(パスブック)on iOS6 (NDAに触れない範囲で...)
    宮腰睦美 (09/23)
  • magit を、Lion の emacs にインストール
    ぱん (05/08)
  • 【 Xcode4.2 】Interface Builder使わずに、座標を合わせたい(習作1)
    ぱん (12/21)
  • 【 Xcode4.2 】Interface Builder使わずに、座標を合わせたい(習作1)
    kuronobee (12/02)

recommend

iOSプログラミング 第2版
iOSプログラミング 第2版 (JUGEMレビュー »)
アーロン・ヒレガス,ジョー・コンウェイ,Aaron Hillegass,Joe Conway
■独学で初心者を脱出するには、必読ではないでしょうか。翻訳でニュアンスが伝わらない部分があるので、原書と、サポートサイト(英語)を活用すべし!です。

recommend

iPhoneプログラミングUIKit詳解リファレンス
iPhoneプログラミングUIKit詳解リファレンス (JUGEMレビュー »)
所 友太
■内容古いですが、iOSプログラマー中級以上の階段を登るために、必要な本だと思います。iOS5対応版出ないかな。。

recommend

iOSプログラミング入門 - Objective-C + Xcode 4で学ぶ、iOSアプリ開発の基礎
iOSプログラミング入門 - Objective-C + Xcode 4で学ぶ、iOSアプリ開発の基礎 (JUGEMレビュー »)
大津 真
■Ch.1「iOS プログラミングを始めるための基礎知識」でXcodeの概要を理解して、Ch.2「Objective-C の基礎知識」で、Objective-Cの考え方を理解できます。iOSプログラミングのキックオフにぴったり。

recommend

去年ルノアールで
去年ルノアールで (JUGEMレビュー »)
せきしろ
■ルノアールで妄想が爆発

recommend

RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第4版
RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第4版 (JUGEMレビュー »)
Sam Ruby,Dave Thomas,David Heinemeier Hansson
■Railsのバイブル第4版の日本語版が2011年末にリリース!サーバサイドで準備するAPIや、Webサイト関連のもろもろは、やっぱRailsでしょう。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM